旬花NEWS

旬花NEWS

屋外植物園 2016.09.22



ヒガンバナ

分類:ヒガンバナ科 ヒガンバナ属
 大花壇と温室の周りを赤と白と黄のヒガンバナが
鮮やかに彩っています。
ヒガンバナ科の全草有毒な多年生の球根植物で、
名前は、秋の彼岸頃に開花することに由来しています。
秋になると地面から突然茎が伸びてきて、
約1週間で鮮やかな色の花を咲かせます
一つの花は開花後1週間ぐらいで咲き終わり、
茎だけになってしまいます。
花のあとに葉が伸びてきますが、
夏近くなると葉は無くなります。



屋外植物園 2016.09.20



リコリス

分類:ヒガンバナ科 ヒガンバナ属
 日本からミャンマーにいたる東アジアの広範囲に分布する
球根植物です。
ヒガンバナの仲間で、ピンクやクリーム色などの
かわいらしい花をつけます。
リコリスと聞くと、ヨーロッパで有名な
サルミアッキをイメージする方も
いるかも知れませんが、マメ科のスペインカンゾウを
リコリスというためで本種と残念ながら関係がありません。




屋外植物園 2016.09.16



シュウメイギク

分類:キンポウゲ科 イチリンソウ属
 紅葉の森で菊によく似た花が見ごろを迎えています。
秋に菊に似た花を咲かせることが名前の由来です。
京都の貴船地方に多く咲いていたことから、貴船菊(キブネギク)とも呼ばれています。
多年生の植物で山野にも自生していますが、
これは古くに中国から渡ってきたものが野生化したものであるといわれています。
名前から菊の仲間とおもわれがちですが、
『アネモネ』の仲間です。
花に花びらはなく、花びらのように見える部分は
じつは萼片です。