ご案内】 

豊橋市は、明治・大正・昭和の長期にわたり、信州とならんで蚕糸業の二大中心地であり

生糸は唯一の輸出商品として日本の産業を支えてきました。

しかし、時代の趨勢とともに製糸の面影は薄れ、資料や機械、器具も少なくなってきました。

本館には、明治末期ごろから今日まで実際に豊橋や東三河で使用された

製糸の道具や機械・養蚕具・ガラ紡機・織機・糸車などとともに

繊維関係の版画が展示されています。

            

 

館内紹介】【製糸について】【お問い合わせ】【リンク】【写真



〒440-0886
愛知県豊橋市東小田原町109−1

TEL 0532-52-5265
FAX 0532-48-7886

silk@mx1.tees.ne.jp

石川 明