ご 質 問 掲 示 板

ここは当研究所に御質問や御相談に関する掲示板です。
返事が遅くなる事がありますがご了承ください。   


名前:   (ハンドルネームでも結構です
性別:  
タイトル:
本文:  


508:「うつ病が再発しました?」 by 粕谷眞美 [2019/ 8/30 09:53:00] 
今年で60才になります。1年ほど前まで、重度のうつ病で生活保護を受けていました。今は新しい職場で働いていて、うつ病が治ったと思っていましたが、最近になって @倦怠感 A全身の脱力感 B無気力感 C仕事の能率の低下 D汗をかきやすくなった E集中力の低下 F自律神経失調症 などの自覚症状が出始めました。かかりつけの心療内科で 1.神経性抑うつ障害 2.過敏性腸症候群 と診断され、アレルゲン検査・循環器の精密検査を受けるに至って、現在結果待ちです。

所長 [2019/ 8/30 21:15:05]
粕谷眞美様、病院でお薬の処方をされている方に対して、当研究所は医療機関ではありませんので、何も言えません。
薬による害や断薬については、505の記事をお読みください。


507:「ポリープ について」 by ミント [2019/ 8/28 18:01:04] 
お返事ありがとうございます。自然治癒力でポリープ がなくなるという事はないんでしょうか。先生は人間ドッグや大腸内視鏡などはされた事ありますか?

所長 [2019/ 8/29 14:53:30]
私も25年以上前の会社員時代は、会社から強制で人間ドッグを受けていました。
しかし、病気は自分自身の自然治癒力でしか治せません。
薬はあくまで症状を抑えるだけで、病気を治す訳ではありません。
またポリープを手術で除去しても、ポリープができた原因を治している訳ではありません。
私は、ガンなど病気の大半は、腸内環境の悪化による血液の汚れだと思っています。
腸内環境の悪化は、食生活、ストレス、睡眠など生活習慣などが原因です。
西洋医学では、血液は骨髄で作られると考えられていますが、骨髄の大半は手足の骨ですが、戦争で手足を失った人でもしっかり血液は作られていました。
この考えは、千島学説で、西洋医学に医者からは医学の根底から覆ってしまうので、いまだに否定されています。
つぎにその解説があるページをアップしておきます。
https://www.chishima-gakusetu.com/about_chishima.html
また腸は心にも大きな影響を与え、幸せホルモンと言われるセロトニンの95%を作っています。
https://holics.jp/lifestyle/tbyPQ
しかし、ミントさんが何を信じてどうしたいかは、ご自身でしっかりご判断ください。


506:「大腸内視鏡」 by ミント [2019/ 8/26 19:43:29] 
私は38歳です。子供が生まれてからは病気は早期発見、早期治療を目指し、毎年人間ドッグはかかせません。昨年諸事情で大腸内視鏡ではなく、注腸検査をしました。結果はほぼ異常なし。1ミリから2ミリのポリープ みたいなもの、もしくは便の残り?が見えるけど3、4年後にまた検査してねと言われました。それから1年経ちますが、いずれ大腸内視鏡はした方がいいのだろうけど、気がすすみません。やはり、大腸内視鏡行った方がいいですよね。


所長 [2019/ 8/28 15:19:00]
ミントさん。
私は医師ではないので、病院の医師の指導にたいして口出しはできません。
ただ人間ドッグの検査は、世界でも日本だけです。
日本人は病院好き、検査好きなところがありますが、欧米ではガン死亡率が1995年あたりから減っていますが、日本では逆に急増しています。
下記記事は、国立がん研究センターがん予防・検診研究センター検診研究部長の斎藤博氏によるものですので、参考にしてみてください。
https://president.jp/articles/-/22504
他にもネットには医師の書いた、検査が有効や有害などの記事が多くありますので、ご自身でどうしたいか判断してください。


505:「心気症」 by 心配ママ [2019/ 8/11 12:44:30] 
はじめまして。私は長男を出産して間も無く心気症になり、7年になります。些細な事で自分は癌なんじゃないか、重篤な病気なんじゃないかと不安になり、病院に行き、検査をするという事を繰り返しています。一番酷かった時は日常生活もままならない日が続きました。長女を出産し終えてからしばらくして精神科に通い出しました。5年ぐらい薬を服用しています。おかげさまで今はなんとか日常生活を送ることができています。とはいえ、やはり調子が悪い時は自分は癌なんじゃないかという、不安にとらわれてしまいます。心気症はどうすれば治るのでしょうか?

所長 [2019/ 8/13 08:30:44]
現在の精神科の主な病名は
アルツハイマー病、血管性認知症、レビー小体型認知症、せん妄、アルコール中毒、カフェイン中毒、麻薬中毒、統合失調症、うつ病、パニック障害、自閉症、アスペルガー症候群、PTSD、ADHD、双極性障害、強迫性障害、適応障害、解離性障害、摂食障害、睡眠障害、性同一性障害、知的障害、発達障害、チック障害、薬物中毒、依存症、アルコール依存症、ギャンブル依存症、パーソナリティー障害、ひきこもり、愛情遮断症候群、過食症、学習障害、器質性精神障害、急性ストレス障害、拒食症、自閉症スペクトラム、産褥精神病、術後精神病、症状性精神障害、心気症、前頭側頭型認知症、認知症、薬物依存症、離人症性障害、老年期うつ病、老年期精神病、トゥレット症候群、不安神経症、薬物依存
がありますが、体の診断基準のような明確なものはなく、症状と医師と話した時の雰囲気で診断されます。

例えば、失恋でも、気持ちが落ち込んでいたらうつ病、会社に行く気が無くなったら適応障害、アルコールで気持ちを誤魔化していたらアルコール依存症、過剰な食欲で気持ちを誤魔化していたら過食症、というような感じで、元は失恋でも色々な病名がつく可能性があります。

ですから、心配ママさんは、病名に誤魔化されずに、最初は単に自分の健康に何らかに原因で自信が無くなっただけではないでしょうか。

しかし、薬を長期飲まれるとその副作用の方が大きくなります。
精神科の真実
http://www.truthaboutpsychiatry.net/index.html
市民人権擁護の会
http://www.cchr.jp/videos/marketing-of-madness/what-psychotropics-really-do.html
向精神薬は覚醒剤と同じ
https://treasurenews.jp/archives/4869/

また、薬は麻薬と同じなので、急に止めると禁断症状が出ます。
COMHBO地域精神保健福祉機構(薬の離脱)
https://www.comhbo.net/?page_id=10682

まずは断薬指導してくれる医師を見つけて、その指示に従って完全に断薬することをお勧めします。
薬を飲まれていると、心理療法ではそれが副作用か心のストレスか不明で、堂々巡りになってしまうことが多々あります。
完全に断薬されても、まだ健康に不安があればその時は心理療法を受けられたらと考えます。


504:「薬飲んでも不安感が消えない」 by ケイコ [2019/ 6/15 15:04:59] 
26才会社員ですが、現在精神科に2年細通っています。
しかし、最近薬を飲んでも不安感が強くなって、仕事にも支障が出ています。
このまま薬の治療でいいのか不安があります。
カウンセリングで改善するものでしょうか。


所長 [2019/ 6/16 20:01:21]
2年間薬を飲まれていると副作用が出ているものと思われます。
薬は、脳神経の伝達ホルモン等を調節して不安感などを感じにくくする訳で、心の問題を解決している訳ではありません。
しかし、薬の副作用は心の問題ではないため、カウンセリングで解決するものではありません。
そのため当研究所では、原則薬の処方を受けていない方を対象としています。
減薬をしてくれる精神科医を探して相談されるのが今は大事だと思います。


503:「自律神経失調症」 by タダシ [2019/ 3/17 16:14:11] 
34才の会社員です。
自律神経失調症と内科で言われて半年ほど通院していますが改善しません。
胃腸の調子が悪く、体も常にだるくて、すっきりすることがありません。
内科では精神科にも行った方がいいのではと言われました。
しかし、思い当たるストレスはなく、精神薬は余り飲みたくありません。
このままずっと続くのは嫌なので、オステオパシーで改善できるのでしょうか。


所長 [2019/ 3/17 21:36:00]
自律神経失調症といっても原因は色々あります。

身体的原因として、
1.副交感神経が圧迫などされて低下している。(交感神経は背骨の中を通っていますが、副交感神経は頭蓋骨から出たら頚椎の側を通っており、この頭蓋骨出口付近が圧迫されやすい。)
2.頭蓋から仙骨まで流れている脳脊髄液の流れが悪い。(頭蓋骨の動きや脊椎の歪みなどの原因がある。)
3.腸の状態が良くない。(腸は第2の脳と言われるようにホルモンを出す指令などしていますので、腸内環境が悪いとこれらが狂ってきます。この腸の環境は食生活、ストレスなど色々絡んでいます。)

精神的原因として
1.仕事や家庭のストレス
2.本人が気づかないトラウマなど(例えばいい人を演じていると精神的に負担ですが、本人はそれが普通と思って気づかない。)
3.何か大きな出来事があった。(例えば身内の死など。)

主なものをあげただけでも上記のような要因がありますが、細かなことではさらに色々考えられます。
ですので大事なことは、何が根本原因なのかをしっかり突き止める必要があります。
タダシさんがお近くにお住いでしたら、一度いらっしゃいませんか。
原因を探り、必要ならカウンセリングも行います。


502:「涙が出てしまう」 by めぐ [2018/12/ 2 21:10:02] 
目上の方との面談で涙が出てしまいます。
別に怒られている訳でも悲しい訳でもないし、もちろん普通の日常会話や友だちと話す時には出ません。
今入社1年目ですが、上司と話すのもとても困っています。
ちなみに、私は自分の思いを口にする事が苦手でどう思ってますか?等、自分なりの言葉で伝える時に涙が出ることが多いような気がしています。
何故か分からないのですが、改善策はあるのでしょうか。
よろしくお願いします。


所長 [2018/12/ 3 16:41:48]
意味もなく涙が出るって辛いですね。
これは目上の人に自分の気持ちを表現することに、心が何か感じているようです。
原因を探っても意味はありません。
心の深層にあるその執着や抵抗している感情を手放していくことで、解消していくと思います。
お近くなら一度カウンセリングを受けに来られませんか。


501:「コミュニケーションの取り方が苦手」 by あき [2018/10/21 21:27:08] 
私は人とのコミュニケーションの取り方が苦手です
目を見て話せないし声を出そうとしても出ません
でも話せる人とは沢山話せます。
ですがそれでもよく話が食い違ったり距離を間違えたりしてしまいます。
ネット上の人と話すときなどは話せます。
どうしたら良いでしょうか。


所長 [2018/10/22 21:02:23]
目を見て話せないのは、心の中を見透かされて怖いのでしょうか。
それとも、相手の気分を害してしまいそうで怖いのでしょうか。
きっと何かを恐れているのだと思われます。
その原因が何かは今思い当たらないでしょうが、心の中に握りしめているのでしょう。
頭でどうにかコントロールしようとすると、それが出来ないので益々苦しくなってしまいます。
カウンセリングでは、それに気づくとともに、それを握りしめているもの(ある意味自分の価値観や存在意義)が本当は必要ないと手放すことで、真に変化していきます。
お近くならどうぞお気軽に一度いらっしゃいませんか。


500:「ヘルニア」 by ヒデキ [2018/ 8/28 20:12:02] 
1年ほど前から腰痛と足の痺れで整形外科に通っています。
薬とリハビリをしていましたが症状は良くならず、この間医師から腰椎のヘルニアが進んでいるようなので手術した方がいいと言われました。
私の知人でヘルニアの手術しましたが、結局改善せずに症状は残ったままだったのを聞いているので、手術に躊躇しています。
この1年間整形外科に通ってヘルニアが進んでいるようなので、整体を受けてみようかと検討しています。
こんな状態で手術せずに改善の可能性はあるのでしょうか。


所長 [2018/ 8/29 21:16:55]
腰椎のヘルニアとのことですが、ヘルニアというのは腰椎が絡むいたことで軟骨である椎間板が片方に膨らんだ状態のことです。
そして、この膨らんだ部分は神経の出ている前面には靭帯があって出にくいので横方向に出ることがほとんどです。
この場合膨らんだ部分は神経を圧迫することはほとんどないので、腰痛や足の痺れ(坐骨神経痛)の原因とはなりません。
原因は、椎間板を押しつぶすほど腰椎が傾いていることで、神経の出口が狭くなって神経が圧迫されることによって症状が起きます。
従って、この傾いている腰椎を正常に戻さないと症状は治まりません。
腰椎が傾いている原因は、ただ腰椎をまっすぐに修正すればいいという問題ではなく、全身の色々なところが関係していますので、それを正していくことが必要となります。
当研究所で手術を勧められていた患者様が、手術せずに良くなった方が結構いらっしゃいます。
お近くなら一度お越しください。
詳しく説明いたします。


499:「涙が出てしまう」 by TOMOKO [2018/ 8/24 21:15:50] 
販売の仕事をして二年目になります。仕事でミスがあり店長から注意されると、店長の前で泣いてしまったり、1人になった時に仕事中であっても泣いてしまいます。自分では泣きたいと思って泣いているのではなく、涙が勝手に出てきます。最近は仕事が楽しくなく、家に帰ってくるとまた涙がとまらなくなります。泣く癖を辞めたいです。どうしたらいいでしょうか。

所長 [2018/ 8/25 21:00:12]
これだけから原因はわかりませんが、記憶にない幼い頃の記憶(トラウマ)があるのではないかと思われます。
このような感情は止めようとするほど、余計にその感情の中に入ってしまう場合が多いです。
自分では予期しない時に泣いてしまうというのも辛いですね。
カウンセリングかヒプノセラピーを受けられたら、その記憶(トラウマ)が解放され、本来のご自身になれると思います。



前のページへ   次のページへ


自然治癒力研究所