ティーズ防災情報

ティーズ防災情報TOPへ

防災の備え/風水害

「地震への備え」はこちら

風水害への備え

台風や集中豪雨がくる前にやっておきたいこと

  • 風に飛ばされそうなもの(植木鉢や自転車など)を室内に入れましょう
  • 車庫や物置など風圧で吹き飛ばされないか点検しましょう
  • 飛来物に備えてガラス飛散防止フィルムやカーテン、ブラインドをしましょう
  • 浸水が懸念される場所では、食料品や衣類、寝具などを高い場所へ移動しておきましょう
  • 停電に備え、懐中電灯や携帯ラジオの準備をしておきましょう
  • 非常持ち出し品の準備をしておきましょう
  • 避難場所を確認しておきましょう(各行政のホームページに掲載されています)

避難についての情報

警報発令や、避難勧告などの情報が各行政から発表されます。
発表の方法は、ケーブルテレビ(ティーズ)や防災ラジオ、ホームページ、携帯電話へのメール、防災無線などです。詳細は各行政へお問い合わせください。

ティーズでは、気象情報に関する注警報や土砂災害警報などを、ティーズチャンネルの速報スーパーでお伝えしています。また豊橋市・田原市・新城市のいずれかで避難勧告が発令された場合、緊急L字放送や緊急生放送などで各行政からの情報をお伝えしています。

詳しくはこちらをご覧ください(ティーズ防災の取組み)

避難するときには

  • 危険がせまる前に避難しましょう。
  • 避難することを必ず誰かに伝えましょう。
  • 必ずくつをはきましょう。サンダルや長靴はかえって危険なこともあります。
  • 持ち物はリュックに入れるなど、いざというときに両手がつかえるようにしましょう。
  • 水の中を歩くときには、側溝やマンホールなどにはまらないよう、長い棒で確認するなど、足下に十分注意しましょう。
  • 強風のとき、水の深さがひざ上まであるときなどは、無理をして避難所へ行くよりも、2階など高いところにとどまる方が安全な場合もあります。

内閣府(防災担当)発行「みんなで減災」パンフレットより引用

土砂災害の前ぶれ

内閣府(防災担当)発行「みんなで減災」パンフレットより引用

チェックリスト

情報収集

  • 1. 洪水の時の避難場所と避難経路をハザードマップで確認している。
    (地域によって洪水のハザードマップが配布されていないこともあります)
  • 2. 停電しても気象情報を確認できるよう、電池式のラジオ等を準備している
  • 3. 川遊びに行くときは、遊ぶ場所の上流の天気予報も確認している

自宅での備え

  • 4. 台風などの強風で飛ばされないか、屋根瓦や雨どい等の固定状況を定期的に確認している
  • 5. 停電に備え、懐中電灯はすぐに使えるよう、部屋ごとに置いている
  • 6. 避難に備え、必要最低限の非常持ち出し品を決めている
  • 7. 非常持ち出し品を入れるリュックを用意している

内閣府(防災担当)発行「みんなで減災」パンフレットより引用

「地震への備え」はこちら