ティーズ防災情報

ティーズ防災情報TOPへ

防災の備え/地震

「風水害への備え」はこちら

地震への備え

家の耐震対策

昭和56年(1981年)より前に建てられた家に住んでいる方は、専門家の耐震診断を受けましょう。各行政では、昭和56年5月31日以前着工された木造住宅の無料診断を実施しています。その診断等を受け「倒壊の可能性がある」と診断された木造住宅を対象に、耐震改修費の一部を行政が補助しています。詳しくはこちらから。

部屋の中の安全対策

家具の固定

タンス

ポール式器具はタンスの奥の方(壁側)で、天井や家具の硬いところに取り付けます。また、天井側だけでなく床の側もストッパーなどで固定し、上下に分かれている家具は連結しておきましょう。

食器棚

食器棚の本体はタンスと同じように金具などを用いて固定します。また、開き戸が開かないようにとめ金を付けたり、ガラス部分にガラス飛散防止フィルムを張ったりして、ガラスや食器が凶器にならないように工夫しましょう。

本棚

タンスと同じように、壁の中の硬い所や下地材のあるところを探して、金具やワイヤーなどで固定します。また、本棚の端の硬い部分にヒモやベルトなどを取り付けて中の本が飛び出さないようにしましょう。

テレビ・パソコン

テレビの取扱説明書に転倒防止方法についての説明がある場合は、それに従いましょう。テレビをテレビ台に固定するには、粘着マットやストラップ式の固定器具などを使う方法があります。テレビを壁などに固定するには、ベルト式器具やヒートンとロープを組み合わせて使う方法があります。

家具の配置

家具を置かない

寝室や子ども部屋など、家族やお子さんが長時間を過ごす部屋には、できるだけ家具を置かないようにしたり、背の低い家具だけを置くようにしたりして、工夫しましょう。

家具の向きと配置

万が一家具が倒れてきたときに、寝ている人や、座っている人に家具が直撃しないように、また、出入り口をふさいでしまわないように、家具の向きや、配置を工夫しましょう。

内閣府(防災担当)発行「みんなで減災」パンフレットより引用

身の守り方

家庭では

  • 頭を保護し、丈夫な机の下などに隠れる
  • あわてて外に飛び出さない
  • 無理をして火を消そうとしない

屋外では

  • ブロック塀など倒れてきそうなものから離れる
  • 看板やガラス窓から離れる
  • 頑丈なビルのそばにいる場合は、ビルの中に入る

人の大勢いる施設では

  • 係員の指示にしたがう
  • カバンなどで頭を保護する
  • 割れ物の陳列棚から離れる
  • あわてて出口に走りださない

自動車運転中では

  • あわててスピードをおとさない
  • ハザードランプを点灯し、まわりの車に注意を促す
  • 急ブレーキはかけず、ゆるやかに速度をおとす

エレベーターでは

  • 最寄りの階に停止させ、すぐにおりる

鉄道・バス乗車中では

  • つり革、手すりにしっかりつかまる

山やがけ付近では

  • 落石やがけ崩れが発生しそうな斜面から離れる

内閣府(防災担当)発行「みんなで減災」パンフレットより引用

チェックリスト

住宅の耐震性【昭和56年(1981年)より前に建築の家に住んでいる方はここからスタート】

  • 1. 家の耐震診断を受けた
  • 2. 家の耐震改修をした

家具の固定等【昭和56年(1981年)以降に建築の家に住んでいる方はここからスタート】

  • 1. 家具は倒れないように固定されている
  • 2. 家具の上に危険なものを置かないようにしている
  • 3. 寝る場所の近くには、倒れてきそうな家具はない
  • 4. 万が一、家具が倒れても部屋の出口はふさがれない
  • 5. ガラス付きの家具には、ガラス飛散防止フィルムをはっている

内閣府(防災担当)発行「みんなで減災」パンフレットより引用

「風水害への備え」はこちら