HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

豊橋市立看護専門学校 学校説明会

2012/08/21

 豊橋市青竹町にある豊橋市立看護専門学校で17日、来年度に向けての学校説明会が開かれました。
 豊橋市立看護専門学校は、昭和56年に設置され、以来、毎年看護師の国家試験には100%に近い合格率を誇り、卒業生たちは、隣接する豊橋市民病院をはじめ、全国の医療機関で活躍しています。今年は8月10日と17日の2日間、学校説明会が開かれ、17日は、付き添いの保護者も含め、およそ80人が参加しました。
 在校生によるスピーチでは、この学校に入学した動機や、仲間とのグループワークから学ぶことができることについていきいきと語られ、参加者たちは興味深そうに話しに聞き入っていました。
 説明会のあと、参加者たちは校内を自由に見学しました。3階の各教室では、在校生や教員が指導役になって、救命救急法とAEDの操作の仕方を体験したり、首の据わっていない赤ちゃん人形を使って、安全な沐浴の仕方を体験させてもらうコーナーなどが用意されました。また2階の教室では、模擬授業が行なわれました。 話しを聞くだけでなく、参加者も授業に加わり、味覚の不思議について学んだり、手のひらのツボを刺激するマッサージを体験しました。他にも、在校生から実際の学校生活や受験のポイントについて気軽に話しを聞くことができる座談会コーナーも設けられ、参加者たちは入学に当たり気になることを積極的に尋ねていました。
 この日説明会に参加した人たちは、実際に校内の様子を見、話しを聞くことで、学校に対する興味をより深めることができたようです。

一覧に戻る