HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

見たい!食べたい!豊橋農業!「バター作りと牛乳の話」

2012/06/18

豊橋市野依町の野口牧場で生産者から牛乳の話を聞いて、バター作りを体験する「見たい!食べ隊!豊橋農業!バター作りと牛乳のはなし」が開催されました。
この体験イベントは、農業の女性リーダーを目指す豊橋の農村生活アドバイザーたちが、消費者に少しでも地元の農畜産物のすばらしさを理解してもらおうと、初めて開いたものです。
この日は、一〇〇頭余りの乳牛を飼育している野口牧場の野口千恵子さんが、講師としてまず、牛乳やバターがどう作られているのかを簡単に説明していきました。
このあとバター作りに入りました。参加者たちは、持参したペットボトルに、牛乳50ccと生クリーム50ccを入れて、シャシャカと音をたててバターができるまで振り続けていました。
ようやくバターができてくると、今度は、ペットボトルを切り開いて、用意された食パンやクラッカーにたっぷりとバターを塗って試食してみました。
このあと、野口牧場の牛乳から作った特製のバニラアイスがふるまわれました。参加者達は、濃厚でクリーミーな味のアイスクリームにとても満足そうでした。
後半は、豊橋の酪農家達が生産する「のんほい牛乳」が改めて紹介され、豊橋産の牛乳のおいしさをアピールしました。
参加した人たちは、牛乳の安全性やすばらしさを改めて知るとともに、牛乳の栄養に関する知識を深めていました。


一覧に戻る