HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

春のシイタケ菌打ち体験

2012/04/12

no photo

4月8日(日)豊橋市嵩山町の嵩山山地公園で、春のシイタケ菌打ち体験が行われました。
この春のシイタケ菌打ち体験は、毎年開催されているもので、嵩山山地公園で行われるのは今回で3回目となります。
この日は、およそ200人の応募の中から抽選で選ばれた35人が参加しました。まず初めに、シイタケの菌を打ち込むためのコナラの木を1人2本選びます。そして、電動ドリルで15箇所ほど穴を開けていきます。そこに種コマと言われる、きのこの種菌が付いたコマを、金槌を使って打ち込みます。この種コマを打ち込んだ木、ホダ木は、直射日光が当たらず、風通しの良い場所に保管しておけば、来年の秋頃にはシイタケが出てくるとのことです。

一覧に戻る