HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

第14回野依校区 春まつり

2012/03/21

no photo

豊橋市野依町にある野依八幡社で18日、第14回野依校区春まつりが行われました。この春まつりは、野依校区民が親睦を深めるために行われている祭りで、今年で14回目の開催です。この日は小雨がぱらついていましたが、会場の野依八幡社には、子どもからお年寄りまで、多くの野依校区民が集まりました。
まず、式典が行われ、実行委員長の村田勇一郎さんや、豊橋市副市長をはじめとした来賓が挨拶をしました。会場には、みたらし団子や地元野菜、フランクフルトなどの模擬店が校区民によって開かれ、中でもおもちゃのくじ引きは子どもたちに大変な人気で、行列が出来ていました。また、舞踊や大正琴、三河太鼓の演奏などが次々に披露され、祭りを盛り上げていました。
そして、この春祭りのもう一つの主役は、豊橋市の天然記念物でもある、枝垂れ桜です。樹齢300年以上と言われています。今年は開花が遅れ、満開の美しい枝垂れ桜を見ることはできませんでしたが、よく膨らんだつぼみが、花開く準備をしていました。
この枝垂れ桜は、25日まで、日没から午後9時の間、ライトアップを行っています。夜空に浮かび上がる美しく幻想的な枝垂れ桜を観に、是非野依八幡社まで足をお運びください。

一覧に戻る