HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

歴史講座 山城街道攻略指南

2012/03/13

no photo

新城市の設楽原歴史資料館で10日、奥三河の山城(やまじろ)を徹底攻略するための歴史講座が開催されました。この歴史講座は、近年、新たな観光資源として脚光を浴びつつある「城郭構造を見る楽しみ」を愛知県と新城市そして北設楽郡の設楽町、東栄町と豊根村が連携して紹介し、多くの方に山城の魅力を知っていただくために「奥三河 山城巡りプロモーションツアー」を展開しています。この日は、山城巡りプロモーションツアー第2弾として、奥三河の山城を徹底攻略するための歴史講座「山城攻略指南」が開催され、会場にはおよそ50人が参加しました。講師の設楽原歴史資料館・主任学芸員の湯浅(ゆあさ)大司(だいじ)さんが「奥三河を巡る情勢と山家(やまが)三方(さんぽう)衆(しゅう)」と題し、戦国時代の今川家・松平家・武田家の狭間で揺れ動いた奥三河の情勢や数々のエピソードから先人たちの知恵などを紹介しました。続いては、三河城郭史談会の会長をつとめる高橋延年(のぶとし)さんが講演に立ち「奥三河の山城と縄張り」について解説しました。奥三河は自然地形を利用した山城が多く、また奥三河に点在する城は無防備であったなどと、それぞれの城を資料をもとに解説されました。そして、先人の智恵の結晶である縄張りを如何に読み解くかなど紹介され、参加者達は、熱心にメモを取ったり、資料を凝視しながら真剣なまなざしで話を聞いていました。

一覧に戻る