HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

青少年のための科学の祭典 豊橋大会

2012/01/24

no photo

1月21日、22日の2日間。こども未来館ここにこで「青少年のための科学の祭典」が開催されました。この青少年のための科学の祭典は、平成4年度から始まり、今年で20周年を迎えます。豊橋大会開催にあたっては、名古屋大会において、三河地域の来場者が少ないということから開催することとなりました。今回の科学の祭典は、5つのカテゴリに分かれており、おもしろ工作ランドでは、回転しながら飛ぶ紙コップやミニパフェストラップ作りが人気を集めていました。いろいろなエネルギーランドでは、電気がどのように作られているのか小さな模型を使って分かりやすく体験できるブースもありました。科学のふしぎランドでは、コピー機になってみようのブースがあり、子供たちはどうやって絵や文字が転写されるのか楽しく学びました。なるほど実験ランドでは岡崎工業高等学校のスライムをつくろうに多くの子供たちが参加をしていました。また、ステージショーでは、愛知県立時習館高等学校の生徒が科学の楽しさや面白さを参加者を交えながら分かりやすく解説をしていました。この青少年のための科学の祭典。子供たちのみならず、大人にとっても科学の楽しさを再認識する良い機会となったようです。

一覧に戻る