HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

幼児ふれあい教室 「家族みんなの宝物]〜感性を育む子どもの育て方〜

2012/01/16

no photo

豊橋市高師町にある生活家庭館で12日、幼児ふれあい教室「家族みんなの宝物〜感性を育む子どもの育て方〜」が開催されました。これは、2才から3才の幼児と保護者を対象に、全5回にわたって開かれるもので、子どもの発達や成長、しつけについて、ふれあいながら学ぶ教室です。今回は、8組の親子が参加しました。講師は、愛知学泉短期大学非常勤講師で、音楽を通して心を育てる教育に力を入れている、柏木典子さんです。
前半の講義では、愛情の伝え方などについて、笑顔のふれあい、肌のふれあい、言葉のふれあいをキーワードに話しました。柏木さんは、「子どもがどんなに小さくても、母親の感動は伝わります。またそれを言葉にして子どもに伝えることも大切で、子どもの心を安定させるアイテムが、母親の「声」であるように、子育てのすべてを喜びに変えてください。」と話していました。そして子どもとふれあう1つの手段として、わらべ歌の練習をしました。
後半は子どもと一緒に、先ほど練習したわらべ歌を歌うと、楽しそうに笑ったり、一生懸命振り付けの真似をする子どもたちの姿が見られました。
参加者は、全5回の教室を通して、子どもたちに本当に必要なものは何かを考えます。

一覧に戻る