HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

第6回 ふくし体験発表会

2011/12/13

no photo

12月10日(土)に豊橋総合福祉センターあいトピアで第6回ふくし体験発表会が行われました。この第6回ふくし体験発表会は「学んだことを伝えよう やさしい心をつなげようとよはし」をテーマに開催しました。第1部「小学生の部」では、愛知県立豊橋聾学校小学部の児童による発表が行われました。題は「マイロード」発表要旨は自分の育ってきた過程を知ることによって、自分の命の大切さを感じ、また、自分の障害やいろいろな方の生き方を学ぶことを通して、これからの自分を探るです。児童たちは、「自分達は障害を抱えているが決して不幸ではない」と元気よく発表しました。続いて、豊橋市立磯部小学校5年生による発表が行われました。児童は、心のこもった優しさあふれる行動ができる「ハートフル磯辺隊」をめざして調べたり体験をして学んだ事を発表しました。
中学生の部では豊橋市立牟呂中学校の生徒による発表が行われ、福祉実践教室や防災体験学習で学んだ事を発表しました。 第2部では車いす漫才コンビ「ふんだり・けったり」による漫才が行われ、会場をおおいに盛り上げていました。
高校生の部では、愛知県立時習館高校の生徒による発表が行われました。このふくし体験発表会、多くの方に生涯福祉について知ってもらう良い機会となったようです。

一覧に戻る