HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

がんばろう東北!がんばろう日本!ゴーヤトンネルでゴーヤ狩り

2011/09/01

no photo

田原市立衣笠小学校の隣にある衣笠農園で8月29日、NPOエコウィンドネットが育ててきたゴーヤが収穫されました。田原市の市民団体NPOエコウィンドネットは、6年前にメンバーの所有する遊休農地で地域の環境活動の一環で菜の花やひまわりを植えていましたが、この夏は東北の被災地に支援するために地元の保育園・幼稚園の園児達と一緒にゴーヤを栽培し、およそ80メートルに及ぶゴーヤトンネルを作りました。収穫は7月の下旬からはじまり、7回目の収穫となったこの日は、田原市立加治保育園の協力で年長の園児20人が参加してゴーヤを収穫しました。はじめに、エコウィンドネットのメンバーの方と「ゴーヤを取るぞー!」と元気良く掛け声をかけてゴーヤ狩が始まりました。トンネルの中は、鈴なりに成ったゴーヤがたわわに実っていて、園児らは、ハサミを使って一生懸命収穫しました。自分の身の丈より高い所に実がなっている所では、台を使ったり、大人に抱っこされたり、賢明に手を伸ばしてもぎ取っていました。この日は、ゴーヤ300本とトウガン8個が収穫されました。収穫を終えた園児らは、「取ったぞ!」と被災地に届けとばかりに大きな声でゴーヤを持って掲げました。収穫されたゴーヤとトウガンは、この日の夜には、被災地へ向けて搬送されたということです。

一覧に戻る