HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

マーラ 1歳のお誕生会

9月19日(水)放送

豊橋総合動植物公園・のんほいパークで17日、子ゾウのマーラが1歳の誕生日を迎えたことをお祝いするお誕生会が開かれました。

昨年の9月17日、父ダーナと母アーシャーの間に生まれたメスのアジアゾウ・マーラ。アジアゾウの出産は国内ではまだ4例目という快挙で、全国的にも注目を集めました。そんなマーラが無事にすくすくと成長して、この日で1歳の誕生日を迎えたことをお祝いするお誕生会が開かれました。会場となったゾウ舎にいよいよマーラが登場すると、放飼場の周りに集まった3,000人近い人たちが歓声で出迎えました。

「マーラお誕生日おめでとう」と書かれた仕掛け垂れ幕の披露に続いて、市内の幼稚園・保育園園児およそ70人が「ハッピーバースデー・トゥ・ユー」の歌をマーラにプレゼントしました。

また、この日のために特別に用意されたのはバナナとサツマイモでできた特製のバースデーケーキです。飼育係員がケーキを来園者に披露している途中に、マーラが長い鼻でケーキをつかんで食べようとするお茶目なしぐさも見られ、来園者たちを楽しませていました。

最後は、この日のマーラの体重当てクイズが行われました。正解は474キロ。誕生時に90キロだった体重は、1日およそ1キロずつ増えていった計算になり、その成長のスピードに、集まった人たちからは驚きの声が上がっていました。他にも担当飼育係員によるガイドでは、マーラは1日およそ17リットルのミルクを飲むことや、人の顔をしっかりと記憶して反応することなどが解説されました。

なお、マーラの成長に合わせて現在拡張工事を行っている放飼場は今月末に完成する予定で、仮設の頃の1.5倍の広さになる予定ということです。

一覧に戻る