HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

第24回東田校区 交通安全推進決起大会

9/27(木)

豊橋市立東田小学校で20日、第24回東田校区交通安全推進決起大会が行なわれました。

この「東田校区・交通安全推進決起大会」は、学校・家庭・地域が共に連携して、東田小学校の児童をはじめ、校区の方々に交通安全の意識の高揚を図ると共に、交通事故のない安全な校区作りを目的に行なわれているもので今回で24回目の開催となりました。

この日、東田小学校の体育館では式典が行なわれ、東田小の3年生から6年生までの児童300人と豊橋警察署交通課やPTA・民生委員など関係者およそ100人が集まりました。

式典では、主催者の東田校区自治会長の植村さんが、「1人1人が交通ルールを守り、交通事故を起こさないという意識を持って交通事故防止に心がけて下さい」と呼びかけました。そして、6年生の竹内萌恵さんが、壇上に立ち、「この東田校区を交通事故ゼロの町にしたい。」と呼びかけると、最後に児童全員で交通安全の推進を力強く誓いました。

式典の後は、豊橋警察署のパトカーを先頭におよそ30分掛けて交通安全パレードを行ないました。

沿道では地元の方々が、ほのぼのと優しく、子ども達の様子を見守る姿も見受けられました。

この地域と学校が一体となって長年取組んでいる「交通事故のない安全な校区づくり」をこれからの時代を担う子ども達が継承していくことでしょう。

一覧に戻る