HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

豊橋ウィンドアンサンブル第43回定期演奏会

2011/06/14

no photo

「ライフポートとよはし」で12日、豊橋ウィンドアンサンブルによる「第43回定期演奏会」が、開催されました。
豊橋ウィンドアンサンブルは、昭和45年・豊橋市立中部中学校のOBを中心に吹奏楽の団体として結成されました。団員は、高校生から六十代半ば迄と幅広く、年に2回6月と11月に定期演奏会を開催しています。この日行われた「第43回定期演奏会」は、イギリスの音楽をより身近に気軽に楽しもう!がテーマです。第一部では、日本でも親しまれているイギリス民謡を中心に演奏されました。通常のクラシック音楽と言うよりは、ポピュラーな曲が選曲されていて、会場は和やかなムードに包まれていました。また、今回のコンサートでは、指揮者の西谷さんと司会者がプログラムの内容や曲目などをわかりやすく解説し、見ている人と演者との距離がとても近く感じられる内容となりました。第二部は、英国軍の進軍ラッパで始まるイギリスの海の歌による幻想曲から、イギリスの国民的愛唱歌となった名曲、「エルサレム」が演奏されました。
そして最後は、ヨーロッパ最大規模のクラシック音楽祭として名高い「プロムナードコンサート」をイメージされた『威風堂々 第一番』で締めくくると、コンサートホールは拍手と歓声がいつまでも鳴り響いていました。豊橋ウィンドアンサンブルによる「第43回定期演奏会」は、観客席と演奏者が一体となり、気軽にみんなで楽しむことが出来るコンサートになりました。

一覧に戻る