HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

神事相撲講演会

2011/04/12

no photo

豊橋市牟呂町にある牟呂八幡宮で10日、牟呂八幡宮神幸祭で行われている神事相撲についての講演会が開かれました。この神事相撲講演会は牟呂八幡宮例大祭の2日目に開催され、氏子や関係者ら100人近くが出席しました。講演会でははじめに牟呂八幡宮の宮司、白井清夫さんが挨拶をしました。続いて行われた講演会では、神奈川県鎌倉市の鶴岡八幡宮で教学研究所所長を務める加藤健司さんから神事相撲の史的起源について話しがありました。「すもう」の語源は相手と「張り合う」「争う」といった意味の動詞「すまふ」の連用形「すまひ」が名詞化したものであることや、「古事記」や「日本書紀」にも相撲に由来する記述があることが説明されました。今回この講演会を企画した牟呂八幡宮神幸祭神事相撲保存会では、この神事相撲を豊橋市の民俗無形文化財指定を目指しており、今後も様々な活動を行っていくそうです。

一覧に戻る