HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

愛・さをりは人を選ばない in 豊橋

2011/04/12

no photo

豊橋市公会堂で10日(日)、さをり織の素晴らしさを広めようと、「愛・さをりは人を選ばないin豊橋」が開催されました。

このイベントは、NPO法人さをりひろばの主催で開かれました。
さをり織りは、およそ30年前に城(じょう)みさをさんが始めた織りものとされ、色とりどりの糸を自由に組み合わせた独特の風合いが魅力です。
この日は、広島県にある障害児施設 福山六方学園の西山堅太郎さんを講師に「とっておきの人たち」と題した講演が行われました。福山六方学園では、日中活動にさをり織りを取り入れており、その作品はパリやニューヨーク、北京などで大きな反響を呼びました。
西山さんは、「失敗することは人間らしいこと。それを障害と呼ぶのではなく、とっておきの表現者を呼ぶ」と語りました。
また講演に続き、城みさをさんの息子で、NPO法人さをりひろば代表の城英二さんら4人によるパネルディスカッションが行われました。
講演から共通して語られたことは、さをり織りは失敗を恐れない自由な表現の一つであり、教えるものではなく個人の感性を引き出すものということでした。
イベントの最後には、さをりファッションショーとして、浜松のときわ保育園の園児をはじめとしたおよそ50人が、自分で織り上げたさをりを着て舞台にあがりました。来場者たちも次々にステージに上がり、会場は、さをり愛好者の笑顔でいっぱいになりました。

一覧に戻る