HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

八町小学校で新日本プロレス棚橋選手講演会

10/3(水) 10:00〜 放送

豊橋市の八町小学校で1日、新日本プロレス所属のプロレスラー・棚橋弘至選手による講演会が開かれました。

この講演会は、八町小学校とその保護者が、新日本プロレス所属のプロレスラーで現IWGPヘビー級チャンピオンの棚橋弘至選手を招いて、児童たちに夢を諦めないことの大切さを学んでもらおうと企画しました。棚橋選手が八町小学校を訪れるのは、昨年に続いて2回目となります。

講演会に先立ち、棚橋選手は、6年生の児童と一緒に教室でお昼ご飯を食べました。食べ終わった児童たちは棚橋選手の周りに集まって、「どうしたらそんなに筋肉が付くのですか?」「どうしたらそんなに強くなるのですか?」といった質問攻めにしていました。それに対して、棚橋選手は腹筋を披露して気さくに質問に答えたり、握手にも快く応じていました。

そして、午後一時から体育館で全校児童175人を前に、「夢を語る会」と題した講演会を行いました。棚橋選手は今年2月、それまで1年1ヶ月という長期に渡り保持していたチャンピオンベルト
を、若手レスラーのオカダ・カズチカ選手に奪われました。しかし、6月に再びチャンピオンの座に挑戦し、見事IWGPヘビー級王座に返り咲きました。

また、講演終了後の質疑応答では、児童から「どんな時が一番嬉しいですか?」と言った質問も投掛けられました。

最後は服を脱いで、「八町小学校のみなさん、愛してま〜す」という決め台詞で締めくくった棚橋選手。児童たちは、棚橋選手との交流を通して、簡単に夢を諦めないことの大切さを学ぶことができたようです。

一覧に戻る