HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

豊橋西ライオンズクラブ 2012年度車イス事業

10/11(木) 10:00〜

豊橋西ライオンズクラブの会員が9日、豊橋工業高校を訪れ、機械科の生徒6人とともに車イスの修繕作業を行ないました。

豊橋西ライオンズクラブは毎年、アジアの障害者に向けて、中古の車イスを贈る活動を行っています。豊橋工業高校の生徒の協力を得て修理を行なうのも、今年で8年目を迎えました。作業は10月中の4日間を予定しており、この日はその2日目に当たります。

この車イスは、「アジア障害者支援プロジェクト」の一環で、名古屋市の社会福祉施設「AJU自立の家」を通して、タイの支援センターに送り、アジアの各国に届けられます。豊橋西ライオンズクラブはこれまで7年間で、およそ620台の車イスを修理し、寄贈してきました。
修理をする中古の車イスは、福祉施設やレンタル業者から、豊橋西ライオンズクラブに寄せられたものです。

ライオンズクラブの会員たちは、ブラシや雑巾を使って、汚れを落としたり錆を落とす作業を、そして生徒たちはパンクを直したり、ボランティアで参加した専門業者の方の指導を受けながら部品の交換を行いました。

この日は、およそ2時間で18台の修理が完了。残り2日間の修繕作業でおよそ70台の車イスを用意し、来年2月にアジアに向けて発送する予定です。

一覧に戻る