HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

防災講話

11/26(月) 10:00〜

田原市の中山地区の住民を対象とした防災講話が11月23日に開かれました。

この防災講話は、災害からお年寄りや子供を守るため、災害に強い地域づくりを学ぶために中山老人会連合会によって企画されたものです。
この日は、中山小学校の体育館に地域住民らが集まりました。
この講座の講師は、NPO法人 レスキューストックヤード代表理事の栗田暢之さんで、自身の取り組みや過去の災害データをもとに講話が行われました。
まず、地震のメカニズムや過去に起こった災害について紹介。地形によって避難方法や気を付ける事柄が異なることや、災害時の支援についての話など、どれも身近な話に参加者は真剣な表情で聞き入っていました。
また、東日本大震災時の「釜石の奇跡」と呼ばれる中学生の行動が紹介され、日ごろから防災意識を高め、地域ぐるみで想定外の災害に対する備えをすることの重要性が紹介されました。
他にも阪神・淡路大震災に多く見られた家屋や家具の転倒での被害を減らすため、家具の転倒防止の金具を取り付けたり、近所の人との絆を深める地域力の強化など、今すぐにでもできることが紹介されました。
参加者は、栗田さんの話を聞き、災害時の行動や地域の取り組みについて理解を深め、より防災意識を高めることができたようです。

一覧に戻る