HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

成章高校「地元魚料理教室」

11/30(金) 10:00〜

 田原市にある愛知県立成章高校で27日、「地元魚料理教室」が行われました。

この成章高校の「地元魚料理教室」は、「魚のさばき方」を学ぶことや「地元で取れる魚」を知ってもらうことを目的に、毎年行われています。この日、生活文化科の1年生39人が調理実習室にあつまり、渥美漁業協同組合・組合長の藤城さんをはじめとする地元の漁業士の方を迎えて実習を行いました。用意された魚は、その日に水揚げされた、マダカやセイゴ・クロダイなどです。実習内容は、魚を刺身におろすことと、煮魚の調理方法と干物の作り方で、実習の最後には「煮魚刺身定食」として全員で食べることになっています。8つのグループに分かれての共同実習で、まずはマダカの刺身のおろし方を習いました。漁業士の方が、丁寧に説明をしながら手本を見せると生徒たちは、おぼつかない包丁裁きで、魚をおろしていました。当初は、不安でかしこまっていた生徒たちも、次第に包丁さばきも板についてきた様子で、魚のおろし方も上手になっていきました。また、今回の実習では、干物にするための開き方を覚えたり、魚の煮つけの調理方法も習いました。この「地元魚料理教室」は、地元を地盤として働く漁業士さんを通して、自分たちの住んでいる地域の魅力を再認識することや、地元で取れる魚を覚えて自ら料理することで、身を持って実習できる絶好の機会となっているようです。

一覧に戻る