HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

第1回JA愛知東組合長杯 中学生剣道大会

12/11(火) 10:00〜

新城市立新城中学校の体育館で9日、第1回目となる「JA愛知東組合長杯 中学生剣道大会」が開かれました。

 この大会は、新城市近隣の中学校剣道部顧問等が、生徒たちに実力を試せる試合の場を増やしたいと、JA愛知東に話を持ちかけて実現した大会です。
新城地区・鳳来地区・作手地区・北設楽地区から7校が参加しました。

 まず始まったのは団体戦です。リーグ戦で行われ、チームメイトや保護者からの声援を背に、各校一致団結して試合に臨んでいました。
これまでこの地域では、夏の大会で3年生が引退した後、チームを引き継いだ2年生たちは、次の年の春まで大会がありませんでした。このJA愛知東組合長杯が出来たことによって、剣道部の生徒たちは自分の成長を確かめることができ、モチベーションを保つことができると期待されています。
団体戦の結果は、男子は津具中学校が、女子は東郷中学校が優勝しました。
続いて、個人戦トーナメントが行われました。
46名で競われた個人戦女子決勝戦は、地域剣道教室より参加の津具中学校同士の対決となりました。
結果、今泉栞奈(かんな)さんが1位に輝きました。
41名が熱戦を繰り広げた個人戦男子では、それぞれ実力の目立った東郷中の牧野剛士(たけし)くんと津具中学校の村松泰地(たいち)くんが勝ち上がり、決勝戦で対決。村松くんが優勝し、津具中学校は、団体戦に合わせ個人戦男女制覇と、総合力の高さを伺わせました。

一覧に戻る