HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

田原市 消費者生活講座

1/14(月) 10:00〜

11日(金)に田原福祉センターで消費者生活講座 貝づくし第2弾!〜大アサリの魅力って?〜が 開かれました。

田原市商工観光課の主催によるこの講座は、毎年度複数回開かれている恒例の講座で、今年度は今回で6回目の開催となりました。
「貝づくし第2弾!〜大アサリの魅力って?〜」と題された今回の講座には、田原市民22人が参加し、大アサリのさばき方をはじめ、調理の仕方など様々なことを学びました。
講師をつとめたのは小中山町で水産業を営む朽名水産の朽名秀子さんです。
ウチムラサキという正式名称をもつ大アサリは、1年中収穫できることが特徴で、田原市の名物として知られています。参加者は、朽名さんの話を一通り聞いた後、大アサリの捌きにチャレンジしました。中には、普段から大アサリ料理に親しんでいる参加者もおり、慣れた手つきで作業を進めていました。
講座では、他に、朽名さんが平貝(タイラギ)の捌きも披露しました。平貝とは、この時期から春先にかけて採れる、30cmを超える大きさの三角形の二枚貝で、田原市民でもなかなか食べる機会が少ない貝です。朽名さんが平貝を捌くと、参加者からはもの珍しいその姿に驚きの声があがっていました。
最後に、平貝の貝柱の刺身とフライが参加者に振る舞われました。

一覧に戻る