HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

しろあとサンクス会〜講堂サンクス物語〜

2/15(金) 10:00〜

新城市立新城小学校で14日、新城小学校の講堂に感謝の気持ちを表す「しろあとサンクス会」が行われました。

新城小学校の講堂は昭和10年に完成し今年で77年が経ち、老朽化が進んだことによりこの春で幕を下ろすことになりました。
この日は、そんな講堂に感謝の気持ちを表すことと、この一年間でお世話になった地域のボランティアの方などへお礼をする会が開かれました。
まず、高学年の児童による、しろあと太鼓が披露されました。
続いて、各学年の児童が次々に発表を行いました。
1年生は、思い出のアルバムとして1年間自分たちが体験した事柄を呼びかけました。
続く2年生は、元気な歌とダンスを披露。そして3年生は学習のまとめやリコーダーの演奏をしました。4年生は「2分の1成人式」を大きな声で合唱しました。
学年発表のあとは、3年生が社会科の授業で学んだ講堂の歴史について、地域の人にアンケートをとった講堂の思い出ランキングを披露しました。
最後は全校児童による合唱で、ボランティアの方などへお礼の気持ちを表しました。
講堂で行われる最後の行事となったしろあとサンクス会は、児童と地域の人たちとみんなで、長く親しまれてきた講堂に対して「ありがとう」を伝える機会となりました。

取材場所 新城小学校 講堂

一覧に戻る