HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

豊橋市立旭小学校「ひなまつり集会」

2/18(月) 10:00〜

豊橋市立旭小学校で15日、可愛らしい人間雛が登場した「ひなまつり集会」が行われました。

豊橋市立旭小学校で行われる「ひなまつり集会」は、昭和58年度から続く伝統行事です。1年を振り返って自分や友人の成長を喜び、お互いに認め合うことで次年度に向けての意欲を高めると共に、地域の人たちとの交流を図ることを目的に毎年行われています。第1部では、各学年から選ばれた児童たちが扮する人間雛が登場しました。艶やかな衣装を身に着けて体育館に入場すると、一人ずつその役柄と名前が紹介されました。拍手で迎えられたお雛様とお内裏様は、校長先生による「くじ引き」で選ばれた、6年生の児童が務めました。三人官女や五人ばやしなど、合わせて14人の人間雛が揃ったところで、全員で「うれしいひなまつり」の歌を合唱。そしてお雛様とお内裏様が開会宣言を行いました。続く第2部では、「この1年の成長を発表し合おう」と題し、各学年の児童たちが歌や楽器の演奏などを披露しました。この日は、全校児童166名をはじめ、保護者や 校区内に住むお年よりなどが出席しました。人間雛を務めた児童も、発表をした子供たちも堂々とした様子で、この1年間の成長ぶりを垣間見ることの出来る素晴しい集会になりました。

一覧に戻る