HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

第12回ビジネスプランコンテスト表彰式

2/20(水) 10:00〜

2月18日(月)に第12回東三河ビジネスプランコンテストの表彰式が豊橋サイエンスコアで行われました。

東三河ビジネスプランコンテスト実行委員会の主催によるこの催しは、個人、法人からビジネスプランを募集し、そのプランの具現化を支援することを目的に毎年開催されています。
今回のコンテストには、24件の応募があり、表彰式当日は、最優秀賞1件、優秀賞2件、特別賞1件が表彰されました。
最優秀賞には、豊川市御津町で榎本はちみつベリーファームを営む榎本佐和子さん、優秀賞には、東三河のフラワービジネス活性化のため活動する花男子プロジェクトの近藤祐司さん、
豊橋のご当地ヒーロー「豊橋広報戦隊 来てみりんジャー」を考案した豊橋創造大学の田中沙弥香さん、特別賞には、豊橋のすこやかサポート誌「すこやか日和」を発行する、すこやか日和社の鈴木ゆきさんが、それぞれ輝きました。
表彰式の後には、最優秀賞の榎本さんが今回受賞したビジネスプランの発表を行いました。
榎本さんは、生産量が少ない、完熟・非加熱のはちみつや無農薬栽培のブルーベリー等が持つ、他の商品にはない付加価値や魅力を、今後の展望を交えて説明しました。
なお、この日は、同じ会場で産業活性化フォーラム豊橋も開催され、今後のこの地域の産業について様々な意見の交換が行われました。

一覧に戻る