HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

第33回障害者作品即売会「福祉の店」

3/12(火) 10:00〜

豊橋市野依町のイオン豊橋南店では14日(木)まで、障害のある人々の作品を販売する「福祉の店」が開かれています。

この「福祉の店」は、障害を持ちながら働く人の作った製品を購入することを通して、障害のある人への理解を深めようとする試みで、今年で33回目の開催となりました。
この催しは県内4カ所で開催されており、東三河唯一の開催となったイオン豊橋南店には、主催者の愛知県セルプセンター、副会長をはじめ、地域の授産施設の関係者などがあつまりました。
開会式では授産施設の利用者が「福祉の店」成功に向けての決意の言葉を述べたほか、主催者らがテープカットを行って今年度の福祉の店の開催を祝いました。
会場にはこの地方の授産施設で作られた商品が並んだ他、東日本大震災で被害を受けた仲間たちを助けようと、東北地方の製品も並べられていました。
オープン初日となったこの日は多くの人たちが店を訪れ、商品を手に取りながらお気に入りの作品を探していました。

一覧に戻る