HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

豊橋北ライオンズクラブCN35周年記念大会

3/14/(木) 10:00〜

豊橋北ライオンズクラブは11日、認証状伝達式より35周年を迎え、ホテルアソシア豊橋で「チャーターナイト35周年記念式典」を開催しました。

豊橋北ライオンズクラブは、昭和52年に創立、県内81番目のクラブとしてスタートし、地域に根差した奉仕活動を通して、明るく豊かな地域づくりに貢献してきました。また、青少年の健全育成や障害を持った方々への支援に加え、東日本大震災の被災地への支援も行うなど、会員が一丸となって社会貢献に力を注いできました。この日行われた記念式典には来賓や関係者などおよそ200人が出席しました。まず北ライオンズクラブ兵藤第一副会長の開会のあいさつ続いて、河合会長の開会ゴングで開幕しました。今川宏一・大会委員長は「この35年間、ライオンズクラブのメンバーと役員が創意工夫で協力し地域社会に貢献できた。
更に40年・50年と力を合わせて取り組んでいきたい」とあいさつを述べました。続いて、河合会長が、35周年記念事業として取組んだ「宮城県南三陸町へのユニットハウス2基の寄贈」などの経緯を説明した後、「今後も奉仕の精神を大事にして取組んでいきたい」と抱負を述べました。またほかにも、「青少年健全育成のつどい」や「豊障連・親善ボウリング大会」などこれまでの記念事業をプロジェクターで発表しました。この日の式典に出席した多くの関係者達は、豊橋北ライオンズクラブ35周年の功績をたたえると共に、更なる躍進に期待をしつつ、相互の親睦を深めていました。

取材場所 ホテルアソシア豊橋5階

一覧に戻る