HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

田原青年会議所主催 心をひとつに!15人16脚大会

3/20(水) 10:00〜

田原市田原町のはなのき広場で17日、一般社団法人 田原青年会議所主催による「15人16脚大会」が開催されました。

 この「15人16脚大会」は、田原市内の小学3年生から6年生を対象に、田原青年会議所が参加者を募ったもので、75人が参加しました。
 プログラムは、子どもたちが一泊二日で親睦を深め、初対面のメンバーが一つの目標に向かって挑戦することをテーマに企画されました。
 大会ルールは、15人16脚で50メートルの距離を走り、そのタイムを競います。
 スタートのピストルの合図とともに、「1、2、3、4!」と声を合わせて元気いっぱいに走り出した子どもたち。ゴールに敷かれたマットに豪快に飛び込んだメンバーの顔はみな笑顔で、好タイムが発表されると歓声を上げて喜び合っていました。また、走っている最中に転んだりバンドが外れてしまったチームも、他のチームメイトや保護者らの暖かい声援を受けて、最後まであきらめることなく、ゴールに向かっていました。
 最後は、5チームの中で最も速いタイムを出した「チーム ビクトリー」対「チームJC」による一発勝負。スタート直後に体勢を崩したJCメンバーを大きく引き離しゴールした「チームビクトリー」は、最後の最後で大会新記録を叩き出し、会場は大いに盛り上がっていました。
 最後に、田原文化会館内に会場を移し、表彰式が執り行われました。どの参加者の顔からも充実した表情が見受けられ、この2日間を通して確かな成長を実感することができたようです。

一覧に戻る