HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

県下一早い新茶の茶摘み始まる

4/8(月) 10:00〜

 「常春」の渥美半島・田原市浦町で6日、県下一早い新茶の茶摘みが行われました。

この新茶の茶摘みは、農業生産法人・磯田園製茶株式会社の温室茶園で毎年行われており、今年も、県下一早い新茶の茶摘みと製造が始まりました。この日は、田原市浦町の温室に、新茶茶摘み体験ツアーの一般参加者80名が集まり、1反分の茶畑で「新茶の茶摘み」を体験しました。品種は、「やぶきた茶」。今年の出来栄えは、去年より良いとのことです。参加者は、元気よく芽吹いた新芽に傷を付けないように、ひとつずつ慎重に摘み取っていました。また、摘み方が分からない参加者は、丁寧な手ほどきを受けていました。ここでは、全てが手摘みによって行われ、参加者たちは、黄緑色に芽吹いた新芽の爽やかな「春の香り」を浴びながら、「茶摘み」を体験していました。その後、参加者たちは製茶工場の見学をして、美味しい新茶の淹れ方を体験するなど、日本の伝統文化としての「お茶」を堪能する有意義な一日となったようです。

取材場所 田原市浦町

一覧に戻る