HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

第126回 東陽ふれあい音楽会

4/11(木) 10:00〜

豊橋市多米中町にある東陽地区市民館で10日、本年度最初の「東陽ふれあい音楽会」が開かれました。

 この「東陽ふれあい音楽会」は、本格的な音楽を身近に楽しんでもらおうと、9年前から多彩なジャンルの音楽会を開催しています。参加料は400円とお手頃で、運営は全てボランティアスタッフによって担われている点が特徴です。
 この日ステージに立ったのは、箏奏者の杉浦充さんと、作曲家で編曲家の鈴木直己さんです。豊橋市出身の杉浦さんは、ソリストとして活動する傍ら、様々な邦楽ユニットのメンバーとして、国内外の公演に参加するプロのミュージシャンです。同じくピアノの鈴木直己さんも、テレビ番組などの映像作曲家として広く活躍しています。
 第二部の東陽ふれあい音楽会恒例「みんなで歌おう」のコーナーでは、ピアノと箏の演奏に合わせて、来場者全員で「朧月夜」を合唱しました。
 「EAST MEETS WEST LIVE」と題して、全11曲が演奏されたこの日の音楽会。詰めかけた200人以上の観客は、幅広いジャンルの音楽を身近に楽しむことができる良い機会となったようです。

一覧に戻る