HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

肢体不自由者ガイドヘルプボランティア講習会

5/15(水) 10:00〜

豊橋市前畑町にある豊橋市総合福祉センター「あいトピア」で、11日、今年度の「肢体不自由者ガイドヘルプボランティア講習会」が開かれました

豊橋市前畑町にある豊橋市総合福祉センター「あいトピア」で、11日、今年度の「肢体不自由者ガイドヘルプボランティア講習会」が開かれました。
この講習会は、肢体不自由者が外出する際に付き添うガイドヘルプボランティアについて学んでもらう2日間の講座で、初日の11日には、15人が講義を受けました。
午前の部は、身体障害者療護施設珠藻荘の副施設長を務める田中力さんとその珠藻荘の入所者で自治会長を務める稲垣ひとみさんが講師を務めました。
稲垣さんは、「入所したころは自分で動けない歯がゆさを感じていたけど、電動車イスを使えるようになったら、心の余裕ができ、そして興味がわいて、外出するのが楽しみになりました」と世界が広がった喜びを語りました。また、自らが現在も車イス生活を送る田中さんも、外出の大切さを説き、利用者の人たちの夢がかなうようご協力をいただきたいとお願いしました。そのあと、ガイドヘルプを取り巻く豊橋の現状と基礎知識をスライドを使って説明していきました。
午後からは、肢体不自由者ガイドヘルプ「渋茶倶楽部」のメンバーたちが、実際にガイドヘルプボランティアとして活動している体験談を語りました。
講習に参加した人たちは、終始真剣な面持ちで講義を聞いて意識の向上をはかり、12日に行われた屋内と屋外の介助実習に臨みました。

取材場所 あいとトピア(豊橋市前畑町)

一覧に戻る