HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

新城総合公園 春まつり

5/8(木) 10:00〜

no photo

新城総合公園ではGWに合わせ、5月3日から6日までの4日間、「春まつり」が開催され、多くの家族連れで賑わいました。

 新城総合公園は、広大な敷地の中に様々なスポーツ施設とアスレチック遊具を備えた総合公園です。
 この季節、山の形状を活かした自然豊かな公園は、新緑に包まれ、春まつり期間は、五平餅などを売る出店もあり、多くの家族連れで賑わいました。
 春まつり初日の3日には、体験イベントとして「花の種まき」が開催されました。
 新城総合公園内 学習の森には、山々を見渡せる花壇があり、季節に合わせ様々な花が植えられています。
 この花壇に、来場した子供たちがヒマワリと綿の種をまきました。
 綿の種は、和綿(わめん)と茶綿(ちゃめん)の2種類。昨年、新城市内の東郷東保育園の園児たちが植えた綿から採れたものです。
 この日植えた綿(わた)は、7月に黄色い小さな花を咲かせ、10月頃 収穫ができ、収穫した綿はクリスマスリース作りの講座で使われる予定だということです。
 またこの日は、ヒマワリの種も植えられ、種をまいた後には、夏に大きな花を付けるようにと、子供たちがたっぷり水をかけていました。
 どの家族も、爽やかな風が吹く新緑の中、土に触れ、のんびりと楽しい時間を過ごしていました。

一覧に戻る