HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

鬼・オニ・ONI展

2/25(月) 10:00〜

no photo

豊橋市美術博物館で「鬼・オニ・ONI展」が始まりました。美術だけでなく歴史や民族学にもまたがる幅広い展示内容となっています。

 この企画展はおよそ180点の展示品により様々な角度から「鬼」を紹介しています。三河地域は鬼の祭が多く、そうした背景から「鬼」の企画展の構想が練られたそうです。
 鬼は、地獄の使いなど恐怖や罪の表れであることが多く、仏を守る四天王 多聞天の象は、仏法を犯すものとして餓鬼を足で踏みつけています。
 その一方で、鬼瓦のように鬼の力で災いから身を守るという信仰もあり、時代や風俗によって鬼の捉え方はもちろん、その姿形まで様々なものがあります。
 また、この「鬼・オニ・ONI展」で特に目を引くのは「花祭」の展示です。
 そして最後のブロックの展示では、現代作家たちの目で見た鬼の作品が並び、ここでも一味違った鬼の表現を見ることができます。
 この「鬼・オニ・ONI展」は、3月24日(日)まで豊橋市美術博物館で開催されています。

一覧に戻る