HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

四角いメロン「カクメロ」いよいよ収穫!初出荷

7/11(木) 10:00〜

渥美農業高校で8日、四角いメロン「カクメロ」の初出荷の作業が行われました。

渥美農業高校が商品化に成功した四角いメロン「カクメロ」。平成17年に商標登録をし、そののち毎年7月頃に高級メロンとして販売されています。
8日には、施設園芸科、温室野菜専攻の3年生14名がカクメロの収穫、出荷作業を行いました。
まず、温室になっているカクメロの収穫作業から。この日は、東海地方が梅雨明けしたこともあり、温室内の気温は40度を超えるほどの猛烈な暑さの中、作業は進められました。二人一組になり、カクメロを落とさないよう慎重に枝から切り取っていきます。この日は、12個のカクメロが収穫されました。
続いて、カクメロをフレームから外す作業です。生徒はネジを一つ一つ外すと、中から立派に実った四角いカクメロが姿を現しました。重さや四角の具合、ネットの入り具合、傷があるかないかなどを確認し、箱詰めをし、出荷の準備が完了しました。
そして最後に試し切りをし、糖度を計りました。この日計測したカクメロは、およそ14度でした。
この日収穫したカクメロは、香港へ輸送されるほか、首都圏などでは、およそ1万円〜1万五千円の価格で店頭に並ぶそうです。

取材場所 渥美農業高校

一覧に戻る