HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

夏休みイベント「市内電車営業所見学と運転体験」

8/15(木) 10:00〜

夏休みの小学生を対象に、10日、豊橋鉄道市内電車の営業所の見学と市電の運転体験が行われました。

夏休みの小学生を対象に、10日、豊橋鉄道市内電車の営業所の見学と市電の運転体験が行われました。
この日のイベントには、小学3年生から6年生までの13人の児童とその付添いを合わせて計24人が参加し、豊橋駅前から市電に乗った参加者たちは、まず「競輪場前電停」で降りました。
電停前には、市内線の豊橋営業所があり、運転手さんから乗務員が出社すると必ず行うというアルコールチェッカーの説明や市電が現在どこをどう運行しているのかがわかる制御盤などの説明を受けました。
続いて、再び市電に乗車しました。井原の交差点を右に曲がる時の日本最大のカーブポイントに差し掛かると、興味深そうに見ていた子どもたちから大きな歓声が上がりました。
 そして、市電は赤岩口車庫に到着。昼食を食べた後は、市電の運転体験をしました。運転手から、ていねいに操作の仕方を教わった後、ゆっくりとレバーを動かして発車。そしてブレーキをしっかりとかけて停車をしました。
また、別の市電の運転台に座って、案内放送や乗車や下車の扉を操作するなど、ワンマンカーの運転手さながらの雰囲気を味わいました。他にも、市電の床下を見学したり、みんなで車体をきれいにしたりして、市電に携わる人たちの仕事の大変さとわくわくするような面白さを一日かけてたっぷり体験していました。

一覧に戻る