HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

第35回全国中学校軟式野球大会

8/19(月) 10:00〜

第35回全国中学校軟式野球大会が8月17日から20日の日程で開催されており、東三河の4つの球場を会場に熱戦を繰り広げています。

初日の17日には、豊橋市総合体育館で開会式が行われました。北は北海道から南は沖縄まで、各地域のブロック代表の25チームが豊橋に集まりました。ここ豊橋市からは開催地代表として豊橋市立吉田方中学校が出場しました。選手は皆真剣な表情で開会式に臨んでいました。
開会式では、優勝旗返還のあと、連盟理事や会長らが壇上に立ち、出場選手に日頃の努力を称え、大会に向けてエールを送りました。また、佐原豊橋市長は選手たちへ「美味しい東三河の味覚を味わっていってください」と歓迎の言葉を述べました。
続いて、豊橋市立本郷中学校軟式野球部主将の原田友誉君より、「お世話になった方々への感謝の気持ちを白球にこめ、自分と仲間を信じ最後までプレーしてください。」と出場選手にメッセージが送られました。最後に、豊橋市立吉田方中学校軟式野球部主将の中嶋孝徳君より、「どんなに辛くても苦しくても、最後の一戦、一秒まで全力プレーで正々堂々と戦うことを誓います。」と力強い選手宣誓がされました。
またこの大会は地元豊橋の中学生や教職員らが運営やブラスバンド演奏などで協力しており、地域一体となり大会を盛り上げているのも特徴です。
尚、今大会は、豊橋市民球場、豊橋球場、滝頭公園野球場、蒲郡市公園グラウンド野球場の4会場で4日間に渡って開催されます。

取材場所 豊橋市総合体育館、豊橋球場

一覧に戻る