HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

めざせ!世界一!カン動体験!カンビリーバボー!!

9/23(月) 10:00〜

豊橋公園 吉田城前広場で21日(土)、豊橋市民から集めた104840個のアルミ缶で作った吉田城のオブジェが、ギネス世界記録を更新しました。

「めざせ・世界一・カン動体験・カンビリーバボー」この企画は、豊橋青年会議所の主催で行われているもので、今年4月から、豊橋市内の保育園や幼稚園、そして小中学校と高校などに呼びかけて350ミリリットルのアルミ缶104840個を目標に回収。その後、6月から8月までの7回にわたって、空き缶をくっつける組立作業を「こども未来館ここにこ」で行ってきました。豊橋公園の吉田城前広場で行われた開会セレモニーでは、完成間近の吉田城のオブジェが披露されました。この吉田城のオブジェは、きょうまで10410個のところまでこぎつけており、残り830個のアルミ缶を集まった市民の方と一緒に完成させましょうと呼びかけ、参加者たちは、順番にアルミ缶を貼り付けていきました。このオブジェは、横六・六メートル、奥行五・五メートル、高さ五メートルで、北側の石垣にあたる部分を組立てました。そして、いよいよ残り20個。カウントダウンの合図で、一缶、そして一缶と埋められていき、最後に104840個目の缶が置かれると、会場からは、大きな歓声が上がりました。このあとは、認定式が行われ、ギネス認定員のマクミランさんより「あらたに世界記録達成」の発表が宣言されました。この瞬間に「アルミ缶を使った世界最大のオブジェ」のギネス世界記録が塗り替えられました。

取材場所 豊橋公園 吉田城前広場

一覧に戻る