HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

竹内敏信「21世紀富士」

10/3(木) 10:00〜

豊橋市駅前大通りにある名豊ビル内の、中部ガス名豊ギャラリーで10月10日まで、竹内敏信さんの写真展、「21世紀富士」が開催されています。

 愛知県出身で、日本風景写真の第一人者である竹内敏信さんは、10数年以上、富士山を撮影しています。今年4月、富士山が世界文化遺産に登録されたことをきっかけに、この写真展を開催することになりました。
 竹内さんは、東栄町で行われている「花祭」の記録写真でもよく知られており、それが縁で今年の4月、全作品やカメラなどを東栄町に寄贈しました。この写真展は、東栄町に寄贈された作品の、初めての展示会ということで、会場には数多くの人々が来場していました。
 展示されている作品は、33点です。雄大で力強い富士山の姿から、幻想的で美しい風景まで、世界遺産となった富士山の、様々な表情を見ることができます。
 展示会の初日となった2日には、オープニングセレモニーが開かれました。セレモニーには、竹内さんと交流の深い東栄町の町長、尾林(おばやし)さんらを来賓として招き、関係者によるテープカットも行われました。
 主催である中部ガス株式会社は、この企画展を通し、優れた作品を多くの人に紹介するとともに、地域文化の振興と、芸術文化の発展に寄与していきたいとのことです。
 写真展は、10月10日木曜日まで、名豊ビル6階の中部ガス名豊ギャラリーで開催しています。

一覧に戻る