HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

嵩山小学校で米作り体験学習(稲刈り体験)

10/7(月) 10:00〜

豊橋市立嵩山小学校近くの水田で3日、5年生児童らが稲刈り体験をしました。

嵩山小学校では、児童に勤労の尊さや生産する楽しさを知ってもらい、嵩山の自然や生産活動に対する興味・関心を高めてもらおうと自然の中での体験学習を実施しています。
この日は、5年生児童と保護者、地域の方らが参加して、稲刈りが行われました。
指導をしたのは、米作り名人の藤原喜六さん。収穫にあたっての注意点や手順が話されました。
この日収穫される稲は、5年生児童自らが5月に田植えをし、その後も何度か水田に足を運び経過観察してきたものです。
児童らは、鎌を手に持ち稲を収穫をしていきました。稲刈りは、鎌でケガをしないように慎重に行いました。刈り終わった稲は束ね、はざにかけていきます。児童は手際よく作業を進めていました。
途中、来年米作り体験をする4年生児童も応援に駆けつけ、作業の様子を見学しました。また、落ちている稲を集め、収穫の手伝いをしました。
1時間ほどすると、300uあった水田の稲は全て刈り取られました。今年は、水不足の影響もあり、例年より少し収穫量が少ないものの、約50キロ~55キロほどのお米が収穫できました。このあと、10月末には脱穀、もみすりの体験を行い、12月3日には、全校でもちつき会を開催する予定です。

取材場所 豊橋市立嵩山小学校近くの水田

一覧に戻る