HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

第51回「市民の日」一日長任命

11/14(木) 10:00〜

豊橋市役所などで11月11日、第51回市民の日の行事である市民への一日長の任命が行われ、一日市長らが各機関で行政の仕事を体験しました。

11月11日は「市民の日」。市民の日にあわせ豊橋市民愛市憲章推進協議会では、市民に行政についてより身近に感じてもらおうと一日長の任命を行っています。
この日、一日長を務めたのは市民の代表6名。それぞれ市長、市議会議長、商工会議所会頭、警察署長、駅長、郵便局長としてそれぞれの機関で一日長を体験しました。任命式では、それぞれに任命状が手渡されたあと、佐原豊橋市長から激励の言葉が贈られました。続いて花束贈呈、記念撮影をし、その後それぞれの機関に分かれ、仕事を行いました。
一日豊橋市長の任命を受けた中部中学校3年の堀凪沙さんは、はじめに市長室を見学し、市長の椅子に座ったり、佐原市長と懇談したりしました。続いて、政策会議室で行われる部長会議へ出席しました。
一方、一日市議会議長の豊橋創造大学1年の二継真理さんは、議長室で決済書類の確認や印を押す仕事を体験しました。続いて、議場へと移動し議長席に座り、議会についての説明を聞きました。一日長の体験を通して行政の仕事を身近に感じることができる機会となったようです。

取材場所 豊橋市役所

一覧に戻る