HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

「おでんしゃ」運行始まる

11/20(水) 10:00〜

豊橋の冬の風物詩ともなっている豊橋鉄道市内線の「おでんしゃ」の運行が今年もはじまりました。

「おでんしゃ」は、市内電車の車内で「あったかおでん」を楽しんでもらうもので、平成19年の運行開始以降毎年人気を博しています。
13日には、関係者を招いての試乗会が開かれ、今年のおでんしゃの運行開始を祝いました。乾杯の掛け声とともに、駅前停留所を出発したおでんしゃは、運動公園前で折り返し、およそ1時間20分かけて1往復します。このおでんしゃに乗車すると、豊橋名産ヤマサのちくわの特製おでんをはじめ、おつまみ弁当やおでんしゃのラベルがついたカップ酒などが付きます。また、生ビールが飲み放題とあり、乗車した人たちは車窓からの町並を眺めながら、お酒やおでんを味わっていました。

取材場所 豊橋鉄道市内線

一覧に戻る