HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

東海七福神 秋の大祭

11/15(金) 10:00〜

秋晴れに恵まれた11日、「東海七福神 秋の大祭」が開かれました。

 「東海七福神」は、渥美半島にある7つのお寺に七福神を祀り、庶民が信仰と観光を兼ねて巡拝できるようにと、昭和33年に開眼(かいげん)されました。以来年に2回、春と秋に大祭が開かれており、「秋の大祭」に当たるこの日は、県内外から観光バス20台、700人以上の参拝者が訪れ、賑わいました。
 参拝者は、「七福帳」と呼ばれる冊子に朱印を押してもらい、7つ揃えると記念品をもらうことができます。また、各お寺の檀家や地域住民によって振る舞われる無料接待も七福神めぐりの楽しみの一つです。この日は大変冷え込んだこともあり、参拝者たちは、熱々のアオサ汁や甘酒で体を温めていました。無料接待の他にも、お菓子や切り花を販売する露店んが多数並び、参拝者を楽しませていました。
 恵比寿様や大黒様などの七福神が祀られているのは、成道寺、泉福寺、潮音寺、常光寺、法林寺、瑪瑙寺、城宝寺の7つのお寺で、次回、春の大祭は、来年3月10日に開催が予定されています。

一覧に戻る