HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

愛知県立豊橋商業高校「起業家育成」研究発表会

11/22(金) 10:00〜

愛知県立豊橋商業高校の生徒たちが20日、「起業家育成講座」で学んだことを活かし、地域の有識者たちに起業プランを発表しました。

 これは、豊橋商業高校が産学連携授業として、野村ホールディングス株式会社および野村証券株式会社と協力して行っているもので、今回で5回目を迎えました。会場となった野村証券の豊橋支店には、様々な業界の有識者たちが招かれ、発表を見守りました。
 高校生たちはこれまで、およそ半年間、野村ホールディングスや野村証券の社員たちから、経済や起業、経営について学んできました。そしてこの発表会では、地域活性化をテーマとして
考えた新しいビジネスプランを、3つのグループが披露しました。
 一つ目は、東三河の特産物を使用したご当地ラーメンを作ろうというもので、ちくわを麺に練り込むという奇抜な発想が、会場を盛り上げていました。
 二つ目は、外国人の多いこの地方の特徴を活かして、多国籍料理店を出店する、というプランです。
 三つ目は、元気な高齢者を対象とした、新しい形の施設が提案されました。プレゼンの最中には、来場者と一緒にオリジナルの体操を実践する場面も見られました。
 発表されたプランには、SWOT分析や損益計算書なども盛り込まれており、これまで学んできた授業の成果が表れているとあって、来場者からは感心の声も上がっていました。

一覧に戻る