HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

新城ライオンズクラブ 義援金贈呈及び会員スピーチ例会

12/10(火) 10:00〜

新城観光ホテルで4日、新城ライオンズクラブの12月第一例会が開かれました。

 本年度、「地域に心のこもった 感謝の奉仕」をスローガンに活動する「新城ライオンズクラブ」は、毎月2回、例会を開催しています。12月の第一例会に当たるこの日は、メンバー46人が出席しました。
 まずはじめに、先月、東日本大震災で被害を受けた 岩手県南三陸町から講師を迎え開催した、復興支援講演会について報告が行われた後、新城ライオンズクラブ 現会長・佐藤隆夫さんから、穂積亮次新城市長に、「歳末助け合い義援金」として10万円が手渡されました。続いて、メンバーの丸山暢さんが壇上に立ち、「ピースボートに乗って」と題したスピーチを行いました。新城ライオンズクラブに入会して45年になる丸山さんは、今年の4月1日から103日をかけて、船で21カ国を巡る世界一周旅行をしました。船の上での生活や、バルト三国の歴史ある街並みに感動したエピソード、今も各地で起こる紛争の根底にある貧困問題など、旅行を通して感じたことを語り、メンバーたちは貴重な話しに、興味深そうに耳を傾けていました。
 新城ライオンズクラブは今後、独居老人宅へ配布するための餅つき大会や、薬害乱用防止教室を開催していく予定ということです。

一覧に戻る