HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

第30回りんご皮むき大会

1/20(月) 10:00〜

第30回りんご皮むき大会

 この大会は、富士見小学校開校以来行われてきた伝統行事で、りんごの皮をどれだけ長くむけるかという競技を通して、刃物の正しい使い方を覚え、手先の器用さや集中力を養うものです。
 今回は、創立30周年の記念大会とあって、この日のために練習を重ねてきたという児童が多く見られました。
 各教室では、テレビ放送による開会式が行われ、校長先生による開始の合図がされました。合図に合わせて、児童たちは一斉に取り掛かり、丁寧に皮をむいていきました。
 学年ごとに目標が設定されているため、その目標突破に向けて、また自己記録突破を目指して、皆真剣な表情で取り組んでいました。
 学年が上がるにつれ、皮は細く、長くなっていき、高記録を目指す児童たちは、時間一杯まで、ゆっくり慎重に皮をむいていました。
 またむき終えた児童からは、りんごを切ったり、そのままかぶりつく姿が見られ、笑顔がこぼれていました。
 この日全校のチャンピオンに輝いたのは、3年生の笹本穏くんの992pでした。

取材場所 豊橋市立富士見小学校

一覧に戻る