HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

東三河演劇ネットワーク 第2回プロデュース公演を前に

2/27(木) 10:00〜

東三河演劇ネットワークは、来る3月8日(土)と9日(日)に穂の国とよはし芸術劇場プラットのアートスペースで第2回プロデュース公演を行います。24日(月)、豊橋市芦原校区市民館の集会室では、本番さながらの稽古が行われていました。

この東三河演劇ネットワークは、東三河で活動する劇団や演劇関係者が手を取り合い、この地域の演劇文化の活性化を図ろうと2002年に発足されました。メンバーたちは、広報活動や演劇ワークショップの企画・運営を中心に活動を繰り広げながら、第2回公演開催に向けて準備を進めてきました。今回は、三島由紀夫の晩年の名作と言われている「朱雀家の滅亡」という戯曲に挑戦します。この日は、セリフの言い回しなど、演出家から、ダメ出しと言われる「チェック」が入るなど、熱のこもった稽古が行われていました。この東三河演劇ネットワーク第2回プロデュース公演「朱雀家の滅亡」は、3月8日(土)は19時から、9日(日)は14時から、穂の国とよはし芸術劇場プラット・アートスペースで行われます。

取材場所 豊橋市芦原校区市民館 集会室

一覧に戻る