HOTステーションから東三河の話題

◆ティーズHOTステーションから東三河の話題をお届け◆

第22回ウィンディ緑地駅伝大会

3/5(水) 10:00〜

寒さも和らぎ駅伝日和となった3月1日(土)、豊橋市内の中学生対抗のウィンディ緑地駅伝大会が高師緑地を会場に開催されました。

このウィンディ緑地駅伝大会は、豊橋市内の中学生の男女混合チームで争う駅伝で、今年で22回目を迎えた歴史ある大会です。
今回の大会には豊橋市内9つの中学校から駅伝の部に15チーム70人、個人種目の部には219人の選手が参加しました。はじめに開会式が行われ、来賓の加藤教育長らが挨拶をしたのち、豊橋市立高豊中2年の山田尚紀さんによって選手宣誓がされました。
そしていよいよ、スタートです。選手は、1区から5区までの合計12、1qの距離で競います。1区の男子3、3qに続いて女子2、2q、その後は男子、女子、男子の2、2qずつとタスキリレーが続きます。また、この日はゲストランナーとして招かれたトヨタ自動車陸上長距離部の選手も参加し、高師緑地の緑の中を中学生と一緒に駆け抜けました。そんな選手らに沿道からは、力強い声援が送られていました。結果は、石巻中学校が44分02秒で優勝を果たしました。
続いて、個人種目のスタートです。男子・女子に分かれて一斉にスタートが切られ、219人が高師緑地のコース1、1qを2周しました。
最後は表彰式です。駅伝の部の優勝・準優勝・3位のチーム、そして区間賞や個人の部の1位が表彰されました。

取材場所 高師緑地

一覧に戻る